心の中の。
心の中の。 life-story stories
  0
  •  
  0
  •   0 comments
Share

anon
anonAnonymously Published Stories
Autoplay OFF  •  7 months ago
このブログは「will(遺言)」というタイトルをつけています。なぜなら、私は息子がいなくなった時、そのあとを追うことを誓ったからでした。あれから3年4カ月がたちました。この2カ月、息子は私の呼びかけに答えてくれなくなっています。ホントは聞こえているのに、知らんふりしてるのかもしれません。もしくはもう、ほんとにそばにいないのかもしれません。私はここまでなんで生きてきたのか。何回も息子の後を 追うチャンスはあったのに。やっぱり命が惜しいんだ、死ぬのが怖い情けない人間なんだとずっと思っていました。今、私には心から想っている人がいます。その人に来月会うことになっています。この2カ月、私の生活は激変しました。その人の親切心が私の砕けてもう崩壊寸前の心のかけらを拾ってくれました。私とその人はまだ会ってはいないけれど、今、本音を交わすことができます。100%信じている、といったらそれは
By 0905yuya http://0905yuya.tumblr.co...

心の中の。

by 0905yuya

このブログは「will(遺言)」というタイトルをつけています。なぜなら、私は息子がいなくなった時、そのあとを追うことを誓ったからでした。あれから3年4カ月がたちました。この2カ月、息子は私の呼びかけに答えてくれなくなっています。ホントは聞こえているのに、知らんふりしてるのかもしれません。もしくはもう、ほんとにそばにいないのかもしれません。私はここまでなんで生きてきたのか。何回も息子の後を

追うチャンスはあったのに。やっぱり命が惜しいんだ、死ぬのが怖い情けない人間なんだとずっと思っていました。今、私には心から想っている人がいます。その人に来月会うことになっています。この2カ月、私の生活は激変しました。その人の親切心が私の砕けてもう崩壊寸前の心のかけらを拾ってくれました。私とその人はまだ会ってはいないけれど、今、本音を交わすことができます。100%信じている、といったらそれは

嘘になります。やっぱり、どこかで、懐疑心は付きまといます。実際に会って、正面きって、目と目を合わせて言葉を交わしたら、彼という存在が何なのか、ホントかどうか、わかるのだと今はそう思っています。その日が来たら。今このことを書いておかなければいけないと思いました。だって、ここは息子と私の場所だから。

Stories We Think You'll Love
COMMENTS (0)
SHOUTOUTS (0)